大切な人

パワーストーンが割れたり色あせた場合

いつも大切にしているパワーストーンにも、突如としてヒビや変色が起きることがあります。
瞬間的に「縁起が悪い」と思う方や、あんなに大切にしていたのに…と、がっかりする方もいることでしょう。

パワーストーンは自然から生まれた天然の石ですから、川や海の石が風化して形を変えていくのと同じように、長年使い込めば風や水にさらされ、段々と欠けや変色が生じることがあります。
よく「持ち主の念が強すぎて壊れた」という話や「悪いエネルギーを吸い取ってくれた」などのような話がありますが、実際それらの話に科学的な根拠は全くありません。
むしろ、ストーンが悪いエネルギーを吸い取ってくれたのならそれで良しとして、ポジティブな気持ちに転じることが重要です。

パワーストーンの中には太陽光や水、塩、煙などに弱い性質の石がありますから、手持ちの石が普段行っている浄化の方法に合わないまま何度も同じ浄化を繰り返し、結果的に変質してしまったというケースもみられます。
水晶や月光を使った浄化であればどの石にも適用できるので、万が一の変質を避けたい場合は無難な方法で浄化を行うと良いでしょう。
浄化方法について詳しくはhttp://xn--zck4aza4jwa5cc.biz/を参考にしてください。

しかしながら、いくら迷信とはいっても、それまで大切に使っていたパワーストーンが割れたりするのは気持ちの良いものではありません。
下駄の緒が切れるのと同じように、何か悪いことの前触れなのではと悪く考えてしまいがちですが、所有者の気持ち次第でパワーストーンはどんどん良いお守りにパワーアップさせることができると言われています。
もしもストーンがいつもと違う表情を見せていたら、怖がらずに接することをおすすめします。

潔く処分する、もしくはリメイクして再び手元に置く、何もせずひっそりとしまっておく、いろいろな方法がありますが、どちらにしても今まで相棒のような存在として傍にいてくれたアイテムですから、「今までどうもあ
りがとう」と優しく丁寧な気持ちを持つことが大切です。

このページの先頭へ