大切な人

使わなくなったパワーストーンの処分の方法

パワーストーンのアイテムは、長く所有している間に割れたり欠けたりすることがあります。
使えなくなってしまった場合はストーンの寿命が来たと判断し、処分して、また新しいものに替えなければなりません。
同じく願い事が一つ叶った場合も、ストーンが役目を果たしたと考えて処分するのが妥当です。

ストーンの処分方法については、大半がブレスレットやストラップなどのアクセサリーであると思いますから、金具を取って石だけを残します。
ゴムや糸も含めた金具類は分別を行ってゴミに出すか、他のアクセサリーパーツとして再利用すると良いでしょう。

手元に残ったパワーストーンは、土に埋める場合は他の人の手に渡る可能性を考えて浄化します。
ごみとして出す場合は燃えないごみとして、決められた収集日に出すようにしてください。

ちなみに、ストーンを海や川など水の中に入れて自然に還す方法は環境破壊につながる可能性があります。
土についても、動物の口に入る可能性はゼロとはいえませんから、やはりごみとして処分する方法が適切かと思います。

パワーストーンを捨てるのではなく人にあげる場合は、必ず浄化を行ってから渡すようにしてください。
たかが石とは言っても、長い間絶えず念を入れ続けた石ですので、普通の宝石や石ころとは違い思い入れのある物です。
それを他人が手に取った場合、願いが入りにくかったり、相性が合わず結果的に手放すことにもつながりかねません。
まずはきちんと浄化を行って、余計な気持ちを抜いたきれいな状態に戻し、必ず「浄化済」であることを相手の人に伝えるようにしてください。

また、それ以外の処分方法としてはオークションに出して販売したり、神社やお寺に納める方法もあります。
どちらにしても他人の手に行き渡るということで、浄化が必須になります。
今まで自分を守ってくれたことに感謝し、「これ以上願うことはありません」と心の中でけじめを付けてから石を手放すようにしましょう。

このページの先頭へ