大切な人

宝石とパワーストーンの違いについて

パワーストーンを分類する時によく取り上げられるのが「宝石との違い」です。
そもそも宝石とは外見が美しいもので、アクセサリーに用いられる鉱物のことを指しますが、希少性が高いものや年月をかけて作られたものなどが宝石と呼ばれることもあり、サンゴやパールのように生物に起源する石も含
まれています。
そのため、鉱物(無機物の結晶)だけが宝石と呼ばれるわけではありません。

ちなみに、宝石の中には、「貴石」「半貴石」の違いがあります。
貴石とはダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドの四大宝石にプラスして数種類の宝石を加えたものだけを指しており、貴石以外の全ての宝石は半貴石と呼ばれています。
対して「パワーストーン」は、宝石から石ころまで幅広く世界に存在する石たちの中でも、突出して特別な力が宿っていると考えられている石のことを指しています。
つまり、見た目ではなく中身に重きを置いた石ということです。

パワーストーンは宝石とは違って、ステータスシンボルとしてではなく、精神面や肉体面など所有者そのものの力添えとなってくれるお守りのような役割を持っていますから、身に付けることで初めて結果が現れてくるもの
です。

パワーストーンの世界では、ダイヤモンドであってもパールであっても、貴金属としての価値ではなくその中に眠るパワーが重視されます。
そのため、ジュエリーではなくパワーストーンとして石を選ぶ場合、石そのものの値段よりも選ぶ人の願いや希望が先立つことになり、さらに願い事の内容によって複数の石を組み合わせるなどして、自分だけのパワースト
ーンアイテムを作り出します。

ただし、パワーストーンを宝石として見るならば石そのもののグレードが重要になります。
特にブレスレットやピアスなど、アクセサリーとして身に付ける場合は石の品質が重要視されます。
パワーストーン選びで迷った時は、まずは石の「パワー」と「品質」のどちらを優先したいかで考えてみると良いでしょう。

このページの先頭へ