大切な人

デザイン重視のパワーストーンもあるの?

パワーストーンというとなんとなく「ださい」イメージが持たれることがありますが、ダイヤモンドやエメラルドなどの宝石もパワーストーンの一種として使われています。
言うまでもなく、エメラルドやサファイアなどはジュエリーとして十分価値のある石ですから、決してパワーストーン=「ださい石」ではないということです。

http://www.fishing-hunting.com/tanjo.htmlにかいてある通り、誕生石もパワーストーンの中の一つです。
パワーストーンをデザイン重視で選ぶなら、シンプルな石のブレスレットなどではなく、アクセサリーとして使えるオシャレなアイテムを選ぶと良いでしょう。
天然石をあしらったリングやネックレスはたくさんありますし、オーダーメイドで自分好みのデザインのアクセサリーを作ってくれるお店もあります。

パワーストーンのブレスレットは、2本3本と増やしているうちになんとなく飽きがきてしまう場合があります。
飽きては捨てて、また新しいものを買うのではパワーストーンを所有する意味がありませんから、ブレスレットだけにこだわらず、長く使えるデザインのアイテムを選んだ方が確実です。

パワーストーンをデザインに取り入れたアイテムとしては、ブレスレット部分に直接石を使った時計やリングなどは人気がありますし、
アップスタイルにぴったりのかんざしやピン、コームなどといった髪留めにも使われています。
携帯を毎日欠かさず持ち歩く人にはストラップなどの携帯アクセサリーもおすすめです。
自分で作るときの作り方がhttp://www.lansdownecivic.com/akuse.htmlで紹介されていますのでご覧ください。

また、地味で可愛くないと言われがちなブレスレットについても、自分で自由に組み合わせたり、オーダーメイドを頼むなどして「デザインブレス」にすればぐっとオシャレになります。
デザインブレスの場合、複数のパワーストーンを組み合わせたり金具をオシャレなものに替えるなどして工夫するだけでOKですから、他の人とかぶらないブレスレットが欲しい方にはデザインブレスがおすすめです。

パワーストーンは普段からこまめに身に付けることで自分の願いが石の中に徐々に込められていき、お守りとしての役割を果たしてくれます。
ぜひ、末長く使えるお気に入りのアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか。
とても珍しい種類のパワーストーンがこちらhttp://xn--zck4aza4jwa5cc7473eo9vai7b426h.com/で紹介されていますのでご覧ください。

このページの先頭へ